ベジっつら

2014.11.06

今回はプログラミングとカッティングマシンを使った作品を紹介いたします。

「ベジっつら」と名付けられた当作品の概要は「アプリで作った目口鼻の形にシールをマシンで切り取って野菜や果実に貼り付ける」というもので、シールを貼り付けると野菜たちが誰かへのちょっと特別な贈り物になったり密かなメッセージになったりといった小粋なことができてしまいます。

 

Takedasan3

Takedasan2

制作者である竹田さんの手間がかけられているのはなんといっても顔パーツを作成するアプリで、顔のパーツを自由に選択・調整できる機能を提供することで個々人が手軽に好みの顔のシールを作成できます。喜怒哀楽といった表情や瞳の大小・メガネなどの特徴を加えて顔なじみの誰かさんっぽい野菜ができてしまうのがなんとも味わい深いところです。

{写真上: ベジっつらアプリ画面と出力品}

 

竹田さんは以前に「きみっポイド」という企画を手がけられております。個人の顔画像から抽出した目や鼻の特徴をダルマなどといった小物の三次元データに付加することで「なんだかキミの顔に似ている小物を3Dプリンタで立体化するよ」というサービスを提供する企画でした。この二作品、ウェブサービスやゲーム内で見られるアバターのように各々の趣向に合わせて調整したキャラクターを現実の品物にするという近しい要素を持っているものの、ベジっつらは3Dプリンタではなく野菜とシールでそれを実現してしまうあたりが端的ながら色々と機知に富んだ使い方ができて実に素敵です。今後の発展は竹田さんの中でも未確定とのことですが、今も様々な機材を動かしながら色々と企んでいる様子を見るに、面白い展開はまだまだ続きそうです。

{写真下: きみっポイド出力品}

 

入谷

3Dプリンタで組立式お茶碗

2014.11.03

今回は3Dプリンタによる作品を紹介いたします。
谷川さん作、「アウトドア用・組立式お茶碗」です。
かのキリマンジャロにてお椀で白米を食べられるよう作られたという、まことにスケールのでかい作品です。

 

TanikawasanA

お椀の底とうわぶち、それらをつなぐ柱と留め具で構成されており、お米を受ける部分は写真内のアルミ箔ではなく断熱シートを張って使うとのことなので、これらのパーツはシートを支えるための骨組みといったところでしょうか。長期間にわたって持ち運んで使うとなると強度が気になるところですが、簡潔な作りと随所に使われている金具のおかげでなかなかタフそうです。

 

 

 

 

 

 

TanigawasanC

既製品の登山用食器はどうかとお尋ねすると、形が四角くて合わなかったという返答をいただきました。用途が特別となるとなかなか気に入ったものを見つけられないのが常ですが、そんな時でも自分に合った一品を用意できてしまうのがもの作りですね。いざ使ってみると何かと気付かされることが多いのももの作りです。雲よりもはるか上にて使うお茶碗にどのような感想を持たれるのかぜひお聞きしたいところです。

入谷

メイカーズバザール出展報告!

2014.10.18

こんにちわ。番頭の森本です。

 

先週10月11日、12日に大阪南港ATCで関西初?のメイカーズイベント「メイカーズバザール大阪」<http://makersbazaar.jp/>が開催されましたが、皆さん足を運ばれましたでしょうか?

 

ファブラボ北加賀屋は「関西メイカーズの聖地」という、もはや言ったもん勝ちのキャッチフレーズを引っ下げ、この記念すべきイベントに協力団体として参加しました。

 

こういう形での参加が初めてなら、イベント自体も第一回目ということで、どうなることやらと心配しておりましたが、蓋を開けてみれば多くの方にお越しいただき、大変盛り上がったのではないでしょうか。

 

ということで、当日の様子を簡単にお届けいたします!

 

 <搬入~準備>

mbo_1

前日の搬入の様子。

 

会場は回廊で繋がった小部屋がいくつかあり、それらを順番に回っていくという方式。他のMakerFairのように大空間に大量のブースが集まるという構成ではなく、何となく美術館ぽい感じ?

 

ファブラボ北加賀屋は、まとまった数のブースを出すということで、この1部屋をまるごと占有させてもらいました。

 

 

mbo_39

今回の目玉の一つである自作展示テーブル組立中。

事の発端は8月末・・・

イベントまで、あと1ヶ月ちょっとしかないこの時期に、ファブラボブースの展示計画責任者である井上氏の意向で「ブース内のものは全部自作する」というルールが突如発動。

さらに、「テーブルの天板は5角形だ」という謎の要素を上乗せしてくるワンパクぶり。

それでも作る人が現れるのがファブラボ北加賀屋のステキなところ。

結局6名の方によって、全てデザインの異なるテーブルが9台制作されました。

mbo_3

 

当日の朝です。

準備であたふたする中、明確な開始の合図もなく、ふわっとスタートしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<ブース紹介>

各ブースの様子をダイジェストでご紹介します。

(詳細は会期前にFacebook上にアップされた各担当者によるブース紹介をご覧ください。)

 

①「ファブラボ北加賀屋の雑貨店」-出展者:松本さん、竹田さん、小田さん、柏木さん、青木さん、望月さん

mbo_5

いろんな方のプロダクトを集めた複合物販ブース。

北加賀屋らしからぬかわいさでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

mbo_6

似顔絵キャラクターシール「ベジッつら」

(by 竹田さん)

ただのかわいいシールかと思いきや、表情をカスタマイズできるアプリまで開発されていました。

トータルの完成度高かったです。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2184

思わず買ってしまいました。

プロダクトが一気に生き物っぽくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

mbo_40

「おだくまブローチ」(by 小田さん)

 

一部で争奪戦が勃発した人気商品。

北加賀屋ブースで最大の売り上げを記録したという噂です。

 

もちろん私もゲットしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

mbo_8

「板から組み立てるけん玉(板けん)」

(by アニワギはかせ)

 

販売はありませんでしたが、多くの方がこれで遊んでました。

特に物販ブースの方々に関しては、会期中ずっと練習していたせいか、最終的にちょっと引いてしまうぐらい上達されてました。

 

 

 

 

mbo_11

「カードケース」(by 青木さん)

 

MDF等を使ったラピッドなものづくりだけでなく、質の高い材料で長く使えるものを作ることも大事だなと感じさせられた作品です。

 

 

 

 

 

 

 

mbo_9

「ギミックカード」(by 松本さん)

 

イベント開始早々、カッタータイプのカードが売れてましたが、その後どうだったんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

mbo_10

 「モチヅキ画伯 公認スタンプ」

(by 松本さん、望月さん)

 

我らが望月さんのイラストがスタンプに。

図柄によって値段が異なるのですが、松本さんの値付けの基準が面白かったです。

 

 

 

 

 

 

なお、物販ブースの一部商品は10月25日のFab Nightでも販売予定なので、買い逃した方はこの機会に是非!

 

②「自作3Dプリンタ-TS1&TS1W」-出展者:CRAFT 高橋(謙)さん

mbo_12

メンバーにはおなじみの高橋さんマシン-TS1(取っ手もステキ1)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

mbo_13

完成度の高さゆえ、「売らないんですか?」と何度も聞かれていました。

あそこまで言われると「一攫千金」という文字が頭をよぎりそうなものですが、そこは高橋さん、最後まで「売りません!」とブレない返答。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③光の結晶 -出展者:井上さん、田村さん、徴さん

mbo_14

 ギリギリまで製作にかかっていたプロダクト。

一個出力するのに10時間ぐらいかかるそうです。

 

 しかし、こんな青い光だったかな?

 

 

 

 

 

 

 

mbo_15

大量に並べると壮観です。

 

なお、3Dプリントによる出力を始め、本作品の製作には新長田のオープンFABスペース「シエテ」が協力されていました。

http://siete.jp/siete/Welcome.html

 

こんな感じで、プロジェクトを通してFABスペース同士の横連携が増えていくといいですね。

 

 

 

 

④「Fab for Sustainability マテリアルPJ」-出展者:森本

mbo_17

私が担当していたフィラメントの製造/リサイクルプロジェクトのブース。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12

取組み内容をご説明した後、巻き取り機構についての公開ブレストへ。

スケッチブックに、皆さんのアイデアを書いてもらいました。

 

←ある来場者の方のアイデアスケッチ。

「古典制御理論」なるものを勉強するといいらしいです。

 

 

 

 

7

廃棄プラスチック(ラフト/サポート材)のリサイクルの公開実験も行いました。

「うぉー出てきたー!」という盛り上がりもなく、気が付いたらうっすら色の付いたフィラメントが出ていたという地味な成功。

それはともかく、リサイクルの道が開けてきました!

 

当日の様子はこちらにも記載しています。↓

https://fablabkitakagaya.org/project_archive/fab-for-sustainability-material-pj/

 

 

 

⑤「Fab Vehicle」-出展者:黒川さん、Miyaさん、井上さん、森本

mbo_19

そして、ビークルチームのコーナー。

最後の1,2週間は、いつラボに行ってもメンバーの誰かが作業していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

mbo_20

 ポスターがカッコいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

mbo_18

渾身の塗装仕上げ(入谷さん、ありがとう!)

ただ、クオリティが高過ぎて、3Dプリンタで作ったことが伝わらないという問題が発生。

これもラボのレプリケーター2Xで出したものです。

 

 

 

 

 

 

 

mbo_21

コースまで用意したものの、トラブルが多くあまり遊んでもらえなかったことが残念でなりません!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑦「Cogocoroプロジェクト」-出展者:田中さん、井上さん、小関さん

mbo_22

 一方、トラブルとは無縁のレザークラフトブース。

 作品の雰囲気と相まって、ほっこりするブースでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

1922106_854887387865123_2003795405288574240_n

残念ながら製作者の田中さんは、33年に一度開催される地元の祭への参加のため出席できず。

代わりにピンチヒッターのコセキさんが奮闘されていました。

 

それはそうと、「33年に一度開催される祭」が気になり過ぎる・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑧「Glass Craft with 3D Printer Challenge」-出展者:吉田さん 徴さん 滝内さん

mbo_24

今回の出展ブースの中でもっとも実験性の高いプロジェクト。

なかなか成功しない中、唯一完成した虎の子の一品。

 

 

 

 

 

 

 

 

mbo_23

ここに至るまでの軌跡を聞くだけでも面白いです。

むしろ、自分でモノを作っている人は、そちらの方が興味があったかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑨「ユニバーサル将棋&テラリウム」-出展者:遊牧メーカー 加藤さん

mbo_25

このブースではプロダクトはあくまでトリガーにしか過ぎません。

興味を惹かれて足を止めると、メインコンテンツである、「加藤さんによる”プロダクトにまつわる裏世界史”トーク」が始動するというシステムです。

 

 

 

 

 

 

 

mbo_26

知識の泉のような博識な加藤さん。

そんな世界があるのかと、いつも感心させられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑩「手作りボードゲーム」-出展者:たなごころ(Kanoko & Hidetoshi Yoshioka)

mbo_27

そして、メイカー系イベント常連のたなごころさん。

安定感が違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

mbo_28

お子様はもちろん、あらゆる世代に人気です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

mbo_29

最前線に陣取り、ファブラボブースを賑やかな雰囲気にしてくれました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

mbo_30

他にもいろんなイベントでご活躍されています。

活動状況はこちらをご覧ください。↓↓

<たなごころブログ>

http://d.hatena.ne.jp/bg_tanagokoro/

 

 

 

 

 

 

 

 

⑪「3Dプリント羽ばたき飛行機」-出展者:羽ばたき飛行機製作工房 高橋(祐)さん

10440674_854886174531911_6481641110966418762_n

 

そしてお馴染み羽ばたき高橋さん。

 

 ①ブース内で急に飛ばす高橋さん

→②驚く来場者

→③ほぼ無反応の常連メンバー

→④満足顔の高橋さん

→しばらくして①に戻る

 

という幸せなループが繰り返されていました。

 

 

10005822_2265506213588107_1287898363674315820_o

壁面にコレクションを展示。

高橋さんのご自宅もこんな感じになっているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10511325_854886914531837_6162303756773433598_n

ワークショップは老若男女問わず大人気。

素晴らしいコンテンツです。

 

弟子&後継者募集中らしいですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

(参考URL)
<羽ばたき飛行機製作工房ブログ>
http://blog.goo.ne.jp/flappingwing
<YouTubeチャンネル>
http://www.youtube.com/user/FLAPPINGWING

 

⑫ファブラボ北加賀屋ムービー

写真には残ってないのですが、ブースの奥ではファブラボ北加賀屋での製作風景を記録したムービーが流れていました(制作:松本さん、望月さん)

今回限りにするには勿体ない素敵な動画なので、今後も何かの機会に流してほしいです!

 

※番外編

mbo_34

ファブラボ以外のブースにも面白い作品やマシンがたくさんあって、いろいろ刺激になりました!

 

奥歯を噛んで操作する車椅子だそうです。

すごい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

mbo_35

結構途切れることなくお客さんが回ってこられましたが、混み過ぎというほどでもなく、ちょうどいい感じに賑やかなイベントだったように思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10153799_854888614531667_6325538900142377084_n

出展者の方、ブース製作にご協力いただいた方、

そして、ファブラボ北加賀屋の窓口として企画を進めてくれた瀧内さん、松本さん

皆さん、お疲れ様でした!

 

そして早速ですが、2015年5月に第2回が開催されるそうです!

 

次回はより魅力的なものが出せるよう、しばし充電して、また頑張りましょう!

 

もちろん、新たなMakerさんの登場もお待ちしています!

革のレーザー彫刻サンプルを作っていただきました

2014.10.06

ベテランの革職人である田中さんにレーザー加工のサンプルを作成していただきました。 調和のとれた風合いとなるようレーザー彫刻が絶妙に調整されており、ぜひ現物を見ていただきたい一品です。

 

140929 LeatherbyTanakaSan

前回の紹介にあった革加工を機に、レーザーによる革加工の経験がない方でも取り組み易くなるようノウハウをラボに残しておいていただけないか田中さんにお願いしたところ、サンプルを一つ作成してラボに残しておいてくださいました。サンプルの記録を参考にすることで失敗を少なくできるうえに、デザインの指標としても有用な代物です。実際に拝見した際は穏やかな美しさに圧倒されました。

 

田中さんは長年にわたって革作品の制作を生業にされている方で、ファブラボ北加賀屋にはレーザー加工機を使いに何度も足を運んでいただいております。写真内に記されているとおり自身で企画を立ち上げられている縁もあって、ファブラボ北加賀屋関連のイベントにて作品発表をされたり分野を越えて共同企画に参加されたりしております。ベテランの方に話を伺う機会があるというのはありがたいことで、私も先日はちょっとした注意点について教えていただきました。今後は共有化された技術がどなたかの助力になる機会が増えると嬉しいですね。

 

入谷

革作品+レーザー彫刻

2014.10.03

革といえば様々な加工がありますが、ファブラボ北加賀屋では主としてレーザーによる彫刻が行われています。 今回紹介するのは高瀬さんが制作されている革の財布です。二回目の制作となる当作品、主な加工部は公開できないのですが、写真の通りレーザーで彫刻などの作業がなされております。

 

140929 LeatherbyTakaseSan

今回の制作にあたっては革の性質が仇となり、満足に仕上がるまで何度か試作を繰り返すこととなりました。私も経験不足で上手くサポートできず、革加工の難しさを目の当たりにしました。とはいえ、レーザー加工による彫刻が見栄えよく仕上がるのも革ならではの魅力です。この作品にもオリジナルの彫刻が施されており、毎日持ち歩きたくなる実用的な小物となっております。

 

制作者の高瀬さんは専攻・職業とも機械工学の分野にたずさわっておられるのがきっかけでファブラボを訪れた方ですが、特に手芸などを経験されているわけではないものの、ファブラボ北加賀屋の機材に向いているものを制作してみようということで革作品に挑戦されております。今後も手芸でものづくりをされるのか、あるいは本業であるロボット技術を活かした作品を作られるのか、発展の行き先が非常に楽しみです。

入谷