関西にもファブラボを!

日本では、2011年からFabLab KamakuraFabLab Tsukuba、2012年からFabLab Shibuyaと、関東でFabLabが相次いでオープンする中、2012年1月から「関西にもFabLabを!」と有志のメンバーが、議論の場「FabFoo Kansai」を作りました。ほぼ月1での顔を合わせてのミーティングや、Facebookの公開グループでのやり取りを通じながら、運営の方法や場所、工作機械の選定など、話し合ったほぼ全ての情報を公開しながら緩やかに検討を進めていました。
そんな中、具体的な拠点の話が持ち上がり、話が動いたのが2012年9月。 大阪市住之江区北加賀屋にある名村造船所跡地で開催された「DESIGNEAST 03」で、「FabFoo Kansai」の取り組みをご紹介させていただける機会を得ました。
その場に集まった新たなパートナー達の働きかけもあり、2013年の年明けから、「FabLab Kitakagaya」として、ここ北加賀屋にある協働スタジオ「コーポ北加賀屋」に拠点を構えることとなりました。

FabLab Kitakagayaの活動

成り立ちからして、「FabLab Kitakagaya」は偶然の出会い(ご縁)の連続で話が進展し、設立された経緯があります。そこで、「FabLab Kitakagaya」では、ご縁をいただく方々との水平なネットワークを活用して、自分たちのつくりたいもの(こと)を実現できるようにサポートを行いたいと考えています。
「FabLab Kitakagaya」に設置される機材は、みなさんが「実現したい!」と考えるミッションのためのツールとして利用していただき、そこで生まれた成果を世界のFabLabber達とそして世界と共有してください。
また、定期的に行なわれるワークショップ(隔週での開催を予定)などで、新たな経験を学ぶ場としての活動もおこなっていきます。その経験を自身の制作(プロジェクト)に活かしてください。
「FabLab Kitakagaya」では、場所と設備の維持を参加会員の会費でまかないます。「自分たちのつくる(学ぶ)場は自分たちで確保する!」という点からも、ものをつくるというということにおいて、参加する全員が対等な関係性を構築できればと思います。