[Fab Academy]授業イメージの紹介

2017.11.20

現在受講者募集中のFab Academy 2018。
<Application Form>

https://form.jotformeu.com/71832813940356

 

ファブラボによく出入りしていたり、知り合いに卒業生がいたりしない限り、受講したら一体どんな生活が始まるのかよくわからないかもしれません。

 

そこで、授業の大まかなイメージをご紹介したいと思います!
※以下は2017年度のケースとなりますので、2018年度は若干異なる場合があります。

 

■一週間の流れ

毎週のルーティンは以下のような感じ。水曜夜のGlobl Review Classを軸に4つのセッションがあります。

Fab Academy体験記_170902

 

コアになるのは水曜夜のGlobal Review Classとファブラボ北加賀屋で行われるLocal session。これらはできるだけ休まず出た方がいいです。Local sessionの開催日は受講者と北加賀屋のインストラクター(我々)の間で調整し、都合のいい日を設定します。

 

各週の課題はLocal sessionから翌週月火あたりまでの間に仕上げて、自身のHP上にアップします。授業で当たると、そのページをベースにディスカッションを行います。
<例:Morimoto Week12/Molding and Casting>

http://archive.fabacademy.org/archives/2017/fablabkitakagaya/students/200/assignment12.html


GLobal Reviewではニールに当てられた人が発表を行うのですが、300人弱の生徒の中からランダムに選ぶので、なかなか当たりません。それを補填する役割も果たしているのがRegional Reviewです。出席すれば必ず発表することができ、アジアオセアニア地域のラボのマスター達とディスカッションできます。

なお、GLobalでも毎週最後の10分は希望者が自発的に挙手して発表することができるので、そこで積極的にニールとディスカッションするのが一番アツい受け方かと思います!

 

Local session以外のオンライン授業は自宅で受講しても問題ありません。むしろ日本の場合は日付をまたぐので、自宅で受ける方が一般的ですね。

ちなみに、もしご自宅が遠方で毎週ファブラボ北加賀屋でのLocal sessionに通うのすら難しいという方は、条件によっては受講可能な場合もありますので、一度お問合せください。

 

■半年の流れ

卒業までの間、以下のようなプログラムが組まれています。
<2017年度のスケジュール>
http://archive.fabacademy.org/archives/2017/master/schedule.html

Fab Academy体験記_170902 (3)

 

上段の「プロジェクトマネジメント」「デジタルファブリケーション」…などの分類はこちらが勝手に分けたものですが、およそこのようなイメージとなっています。序盤~中盤はデジタルファブリケーションを使って何か作る回と、回路設計/プログラミングを行う回が交互に行われ、最後の方はファイナルプロジェクトの製作時間を考慮して、座学的なテーマが続くという感じです。

 

<ファイナルプロジェクトについて>
ファイナルプロジェクトは、卒業制作みたいなもので、Fab Academyの中で最も重要な課題となります。6月中旬に行われるファイナルプロジェクトの発表=ファイナルプレゼンテーションが一つの山場ですね。

 

“ファイナルファイナル”と言ってますが、何を作るかについては一番初めの週にプランをまとめることになります。

「授業で学んだことを生かして何を作るか考える」というよりは「先に作りたいモノがあり、それを意識しながら必要な技術を学んでいく」というイメージが近いかもしれません。

また、製作スケジュールについても、最後に一気に作るのではなく、各週の課題の中で少しずつ作っていくことが推奨されています。そのため、毎週水曜の授業でニールに当てられた場合、その週の課題だけでなく、ファイナルプロジェクトの概要と進捗状況も聞かれます。途中で変更しても構わないのですが、プラン通りに少しずつ進めていくのがスムーズで、Fab Academy的にも「Good」なやり方。課題のクオリティについては、あまり突っ込まれませんが、マネジメントの重要性については繰り返し指摘されます。

 

<評価について>

上記には記載していませんが、6月のファイナルプレゼンテーションの後に課題のやり残しを埋める期間が少しあり、その後に評価が始まります。日本の評価者による一次評価(Local Review)と世界のどこかのラボの評価者による2次評価(Global Rebiew)があり、HP上にまとめた各週の課題とファイナルプロジェクトの内容を評価されます。期限内に指摘を全て修正すれば、晴れて卒業が決まります!評価者によってはシビアに突き返されるかもしれませんが、何を直せばいいのか言ってくれるので、ここまで来てれば卒業まで辿り着けると思います!

 

■授業イメージ

Fab Academy体験記_170902 (2)

 

授業は上記のようなウェブ会議システムで行われます。喋っている人の画面がデカく表示されます。これとは別にニールのデスクトップ画面がブラウザ上で共有されるので、それを見ながらニールの話を聞いたりディスカッションしたりする感じです。

 

前半の授業の間は、いつ当たるかドキドキしますが、他の人とのやり取りを聞いているだけでも勉強になるかと思います。

 

ちなみに私は初回の授業でいきなり当たったのですが、Global Reviewで当てられて発表すると、他の国の受講者からFacebookの友達申請が届いたりしてネットワークの広がりを感じました。ガンガン発言していくと、その輪がどんどん広がっていくかと思います!

 

 

 

以上、ざっとご紹介しましたが、なんとなくイメージ掴めましたでしょうか?

 

ご質問は随時受け付けておりますので、お気軽にお問合せいただければと思います!
<コンタクトフォーム>
http://fablabkitakagaya.org/contact_page/

 

申込〆切は12月25日!

 

お待ちしております!