施設を使用するにはどうしたら良いですか?

現在ファブラボ北加賀屋はメンバー制で運営されています。
一度見学に来ていただき説明を受けた上で規約等に同意していただいた方から会費(半年分)を頂きメンバー登録いたします。その後は予約制で機材を使用していただきます。詳しくは(http://fablabkitakagaya.org/how_to_join_page/)をご覧ください。

メンバーになるにはどうすれば良いですか?

一度ご見学に来て下さい!ファブラボ北加賀屋の運営体制は一般的な貸し工房とは少し違います。

メンバーに登録する前に見学に行きたいと考えています。いつ伺えば良いですか?

個人での見学はラボがオープンしている時間帯であればいつでも可能です。
5人を超える団体の場合は事前に問い合わせをお願い致します。

 

オープンラボ
毎週
金曜日 13:00〜19:00(19:00〜21:00 講習会)
土・日曜日 9:00〜19:00

 

問い合わせフォーム

団体でもメンバー登録できますか?

現在、団体での登録は受け付けておりません。機材の利用などを学習するにはメンバー個々の学習が必要になるため、個人での登録をお願い致します。

団体でもメンバー登録できますか?

現在、団体での登録は受け付けておりません。機材の利用などを学習するにはメンバー個々の学習が必要になるため、個人での登録をお願い致します。

ラボでの作業中怪我した時はどうなるのですか?

ラボでの作業中に起きた怪我については、利用規約第○条にもあるように自己責任となります。そのため、みなさん怪我にはくれぐれも注意して下さい。使用にあたって不安のある方は随時使い方を他のメンバーに聞きながら学んでいくようにお願い致します。

簡易的な応急措置の出来る救急箱、緊急時の連絡網は用意してあります。

作業に必要な消耗品など、ラボに備蓄はありますか?

全く備蓄はありません。特に消耗の早い刃物(ドリルやエンドミル)などは、利用される場合、ご自身で作業前の購入をお願い致します。

ラボでの作業中に工具が壊れてしまいました。どのように対処すれば良いですか?

ご自身と回りの人に怪我はありませんか?他に壊れた物はありませんか?落ち着いて状況を確認して、当日ラボを管理している番頭に伝えて下さい。その後修理費については実費負担となります。

状況を検分して経年劣化などで状況が起きている可能性があればこの限りではありません。

機械の使い方がわからない初心者なのですがサポートはありますか?

納得いく結果が出せるよう居合わせるメンバーで出来る限りのサポートは致します。解らないこと、上手くいかないことがあれば気軽に回りの人に相談してみて下さい。しかし作業をするのはご自身です!そしてサポートも完璧な出力結果を保証する物ではありません。

レーザー加工機でどのような材料が切れますか?

ファブラボ北加賀屋にあるレーザー加工機(Venus000)の公式スペックは、3mmまでの紙・革・布・木材・樹脂(アクリル・ゴムなど)等のカットと彫刻、ガラスの彫刻も出来ます。しかし、塩ビは切ってはいけません!カット時にでる塩素ガスが作業者と筐体に重篤なダメージを与えます。また、金属も彫刻・カット不可です。金属に塗装や染色してある物については表面加工可能な物もあります。

ラボで作業をしたいと考えています。材料はありますか?

材料はすべて持ち込みになります。しかし残材など少々の備蓄はありますので出力テストの時などにお使い下さい。加工後のゴミは持ち帰りもしくは廃棄依頼(有料)です。

作業中にでたゴミはどうすればよいですか?

大阪市の廃棄物の規定に準拠します。ラボで出たゴミは制作者に持ち帰って頂くか、有料にて引き取り致します。集まったゴミは産業廃棄物として指定業者に回収を御願いしています。捨てる場合は分別をしっかりと行なってください。

作業中に、ラボの電動工具を使用したいと考えています。使うことは出来ますか?

ラボには、一通りの汎用電動工具をそろえており、メンバーの方は使って頂くことができます。しかし、刃物が回転するもの・レシプロ運動をするものに関しては、その機械に精通したメンバーの指導のもと作業を行って下さい。