9/2(土)Fab Night #15 @千鳥文化

2017.08.08

ファブラボ北加賀屋が不定期で開催しているFab Night!

今回はラボを飛び出し、8月26日に新たにオープン予定の「千鳥文化」での開催です!
もちろんどなたでもご参加いただけます。

気になる15回目の内容は・・・

「Fab Academy」の卒業生2名の体験レポートでスタートします。
めったに出来ない経験をされたお二人のお話は非常に興味深い内容となると思われます。

続いては、7/31から8/6にかけてチリのサンティアゴで開催されたグローバルカンファレンス「FAB13」の報告会です。

「FAB〇〇」とは、年に一度開催されるFabLabの国際会議で、世界中のファブラボ関係者が集まり、

ファブラボの活動、課題、可能性について共有や議論が行われます。
また、会場内では連日各ラボで開発されたワークショップが開催されており、フェスティバルのような一面もあります。

そんなビッグイベントに北加賀屋から唯一参加されたムラサキさんに、現地で体験した事、感じた事についてお話しいただきます。


そして最後は会場の皆さんと一緒に行うトークセッション
「ここが足りないファブラボ北加賀屋」

まずはじめに、FAB13に参加し世界のファブラボの取組みについて見聞きしてきたムラサキさんから

「ファブラボ北加賀屋に足りない100の事」を挙げていただきます
それを受け、ラボの現状を振り返り、問題解決の糸口をみなさんと探したいと思います。
実現を希望する声が一番集まった案は、実行していく予定です。

FAB施設、ものづくりスペースにおいては、似たような問題が上がって来ることが予想されます。

メンバーの方で無くても楽しんでいただけ、きっと何かアンサーを得て帰ることが出来る有意義な時間を共有することが出来ると思います。

おいしい軽食も用意していますので、ごゆっくりとご歓談ください。

特にFabLab北加賀屋に興味のある方、ご入会をお考えの方はぜひお越しください。
一緒にわたしたちのラボの未来を考えてみませんか?


以下、イベント詳細です。

————————–————————–——————-
<日時>9月2日(土)18:00-21:00

<会場>千鳥文化(大阪市住之江区北加賀屋5丁目2−28あたり)
※ファブラボ北加賀屋から徒歩1分。
※現在改装中。8/26完成予定。
※以下の地図参照。

<料金>¥500(1drinkオーダーお願いします)

<プログラム>
18:00-:Fab Academy体験レポート
18:30-:ご質問にお応えします
18:40-:グローバルカンファレンス「FAB13」のお話
19:10-:フリープレゼンタイム
19:40-:ここが足りない北加賀屋
19:50-:みんなでディスカッション

21:00-:Close

※事前申込は不要です!

 

今回の会場となる千鳥文化の場所です。
千鳥文化

9/2(土)Fab Night #15 開催します!

2017.07.27

ファブラボ北加賀屋が不定期で開催しているオープンイベントFab Night。

 

15回目となるイベントを9月2日(土)18時から開催します。

 

メインコンテンツはFab AcademyとFab13の報告会。

それをベースに皆さんとお話できればと思っています。

 

なお、今回はコーポとは別の場所で開催する予定です!

 

詳細確定次第改めてご報告いたしますので、日程を空けてお待ちいただければと思います!

 

FAB 3Dコンテスト2017のお知らせ

2017.07.27

昨年から始まった「ファブ3Dコンテスト」が今年も開催されます!
https://www.fab3d.org/

2017-07-27

 

 

昨年同様テーマの異なる複数のカテゴリーで構成されており、小学生、家族からプロまで参加できる内容になっています。
今年のカテゴリー数は昨年より一つ多い5つ。

詳細はこちらのパンフレットをご覧ください。


カテゴリーごとに応募ルールや審査基準が細かく規定されていますが、こういうのあった方が逆にイメージが湧いてくるような気がします。ぜひ一度見てみてください◎

 

また、HPには募集要項以外にも、3Dプリンターを活用するための情報がたくさん紹介されています。
3Dデータのつくり方
3Dプリンタと素材

 

エッセンスだけズバッと書かれているという感じですが、紹介されている情報が新しいので、すでに3Dプリンターをマスターしている方も参考になるモノがあるのではないでしょうか。

 

 

なお、ファブラボ北加賀屋では、コンテスト向けのイベント等は予定していませんが、これから学びたい方は、機材利用のための課題製作をやってもらえるとよいかと思います。
http://fabble.cc/fablabkitakagaya/tutorial-replicator2x

 

土曜午前にお越しいただければ、動画を見ながらの自習となりますが、ご自身で機材を使って出力まで行っていただけます。

全然わからん!という方は、日曜日の有料講習にご参加ください。

 

また、ご利用の際に「コンテスト出場を考えている」と言っていただければ、作品提出に必要となるFabbleの使い方などもサポートできるかと思います。

 

その他にもHPにいろいろな学び方が詳細されているので、ご参考ください!

3Dプリントを学ぶ

 

毎年各カテゴリーのテーマが面白いこのコンテスト。
初めての方もマスターの方も、夏休みの自由研究としてチャレンジしてみてはいかがでしょうか!

Fab Academy 2017終了しました!

2017.07.27

1月からスタートしたFab Academy

北加賀屋からは私とムラサキさんの2名が受講していましたが、無事2人とも卒業することができました!

 

いろいろアドバイスいただいた方、ありがとうございました。

また、我々の散らかしの被害に遭われた方、スイマセンでした

 

今後の予定ですが、まず7月31日~8月6日にチリのサンティアゴで開催されるFabLabの国際会議Fab13の中で卒業式が行われます。

現地に行けばMITのNeilから直々に卒業証書が授与してもらえます。

残念ながら私は参加できませんが、ムラサキさんはチリに飛ぶ予定です。

 

そして、9月頭ぐらいにFab Academy & Fab13の報告会を兼ねたFab Nightを開催する予定です。

ご興味ある方は是非ご参加ください。日程等は近々告知いたします。

 

 

なお、以下が私の個人ページです。

英語とコードがお粗末なので細かいところは見られたくないのですが、皆さんに「シェアしろ」ってよく言ってるので晒します。

写真と動画で感じてください。
http://archive.fabacademy.org/…/fab…/students/200/index.html

↑このような事を半年かけて行いますので、もし来年受けてみたいなという方がいれば、アカデミー貯金($5,000+できれば渡航費。来年はフランス)を始めつつ、次のFab Nightで詳細についてお聞きいただければと思います。

(あと英語の勉強もお忘れなく!!)

 

以上、ご報告でした!

7/7,8,9臨時休業のお知らせ

2017.07.02

7/7・8・9はメイカーズバザールの準備出展のため、ラボを終日クローズとさせていただきます。

ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

なお、1ヶ月会員の方で、上記期間に会員期間がまたがっている方は、終了日を1週間延長とさせていただきます。

(こちらで変更処理を行いますので、特に手続きはいりません)

 

その週は是非メイカーズバザールの方に足を運んでいただければと思います!

Makers Bazaar Osaka Vol.4 HP

 

どうぞよろしくお願い致します!

Experimental Farm プロジェクト!

2017.05.06

EXF_poster_01

 

ファブラボ北加賀屋から徒歩1分の場所にあるコミュニティ農園“みんなのうえん”。

nouen07

 

5月からその1区画を契約し、ここを実験用の畑⇒”エクスペリメンタルファーム”として活用していきたいと思います!

 

そしてこの度、このエクスペリメンタルファームを舞台に研究/開発を行うメンバーを募集します!

 

 農作業で使うための道具を作るもよし

 ものづくりのための材料を作るもよし

 バイオ的な実験を行うもよし

 作物のおいしさを追求するもよし

EXF_tutorial_02

 

畑で作物を育てる場合もあれば、その周辺の研究開発を行い、確認/実証の場として畑を使う場合もあると思います。さらには全く畑使わないんだが、という場合もあるかもしれませんが、何となく紐づいていれば大体OKです。

 

わずかでも新しい何か(Something New)があり、結果の共有さえしていただければ、好きな事をしてもらって構いません。(もちろん、みんなのうえんさん及び他の利用者に迷惑をかけるのはダメですよ◎)

 

■料金について

参加する方は、利用する施設に入会していただければと思います。

「みんなのうえん」と「ファブラボ北加賀屋」のうち、少なくともどちらかには入会してください。

利用に当たっては、それぞれの施設の規約に準じます。

(ファブラボの利用方法はこちら

EXF_tutorial_01

 

さらに、畑を利用する場合、その他面積を占有する場合は、1区画あたり1,000円/月の利用料が発生します。

 

作付けできる場所は、残り2区画! 日当たり抜群です!

(↓赤枠の場所が空いてます!)

nouen06

水やりについてはプロジェクトメンバー間で協力してやりましょう!

 

なお、畑を利用する場合は、みんなのうえんに入会していただきますが、水やりマシーンや観察システム、土壌の調査など、作物を育てない活動の場合は、入会しなくても構いません。ただその場合、園内に入れるのは、入会した人が同伴する時に限られます。

 

基本的なシステムとしては、以上のような形となりますが、テーマによっては、もっといろんな関わり方があるかもしれません。その辺りはできるだけフレキシブルに対応していければと思います。

 

ちなみに、みんなのうえんに入会すると、畑のほか、農具も一式借りることができます。

さらに併設するキッチンやスタジオも利用できるなど、素敵な特典がいっぱいあります。

nouen01

 

nouen02

 

nouen03

 

nouen04

 

nouen05

施設の詳細はみんなのうえんのHPをご覧ください。

http://minnanouen.jp/

 

 ■参加にあたり

利用を希望される方は、以下のデザインシートに従って、活動の内容をお聞かせください。

EXF_poster_03

 

評価や審査を行う予定はありませんが、やってる事や目的を共有された方が、ラボのメンバーをはじめ、いろんな方が協力してくれるのではないかと思います!

あえてファブラボでやる事のメリットが得やすくなると思うので、そのためのコミュニケーションシートだと思っていただければと思います。

 

申込締切はありませんが、みんなのうえんとの契約が一年ごとなので、とりあえず来年5月までを一区切りと考えています。

そこで更新すれば、継続して利用することはできますが、 今は種を蒔き始めるのに適した時期ですし、作物を植えるなら早めにスタートしてもらった方がいいかと思います!

 

お問合せ/申込みはファブラボ北加賀屋のコンタクトページからお願いします。

http://fablabkitakagaya.org/contact_page/

 

ちなみに、みんなのうえんさんは畑を貸してくれているだけなので、本件に関する問合せを、

みんなのうえんさんや運営母体のコトハナさんにしないようお願い致します。

 

(ただ、のうえんさんサイドも非常にウェルカムな感じですので、ゆくゆくは、みんなのうえんさんや他の利用者の方も巻き込んでいきたいなと思っています。)

 

 

ラピッドな開発も楽しいですが、ジックリ腰を据えて課題を探求する活動も、推進していきたいなと思っています。

 

普段蓄積したファブリケーションの知識や技術を生活の中で生かしたい方、

逆に課題を解決しようとする中で、それらを学んでいきたい方、

いずれも歓迎です。

 

本件については、5月27日のFab Night #14でも紹介しますので、気になる方は是非お越しください!

 

それでは、みなさんの自由な実験をお待ちしています!

新レーザーカッター導入のお知らせ

2017.04.26

ファブラボ北加賀屋では新たなレーザーカッターを導入しました!

加工パワー加工面積ともに大幅に性能がアップしています!

 

trotec

 

trotec speedy 100R

レーザータイプ: CO₂
加工エリア: 610 x 305 mm
最大材料サイズ(高さ): 170 mm
レーザー出力: 30W

 

トロテックの使用に当たっては、会費とは別に以下の機材使用料がかかります。

機材使用料:500円/30分

レーザー加工用のノートPCを立ち上げた時から時間をカウントします。

 

なお、以前から使用していたGCCのレーザーカッターは加工パワーが弱くなってきましたが、

彫刻、及び紙などの薄い材料のカットを行うためのマシンとして利用していただければと思います。

こちらの使用に関しては、追加の料金はかかりません。

 

加工内容に応じて選択していただければと思います!

 

※今後機材をご利用いただくためには、機材ごとの課題を製作していただく必要があります。

トロテックの課題製作ページはこちらです↓

http://fabble.cc/fablabkitakagaya/tutorial-trotecspeedy100

<重要なお知らせ>4月の運用について(3/31改訂)

2017.03.30

———————————————————————————-

 <3/31追記>

移行準備のため、1、2週目は休館となります。

以下の運用は4/17(金)から4/30(日)までとなります。

———————————————————————————-

 

【4月の運用について】
新システムへの移行期間として、4月の間は通常の機材予約を停止し、課題を製作する方向けに全てのオープン時間を無料で開放する予定です。

 

概要な以下の通りです。

 

・今後公開予定のチュートリアルを見ながら、利用を希望する機材の課題を製作してください。
・予約は不要です。直接ラボにお越しください。
・課題製作が終わった方は、機材が開いている時間は自由に使っていただいて構いません。
・通常の機材予約はできません。

・課題製作のサポートが必要な方は、指南が滞在する日曜10:00-12:00にお越しください。
・サポートできるマシンは当日の指南によって変わります。各日程の可能機材は以下のカレンダーをご確認ください。

スライド1

 

なお、5月以降も土曜午前のオープンラボタイムでの課題製作は無料です。

 

以上、よろしくお願いします!

Fab Academy 2017 Report Vol.0

2017.02.18

こんにちわ。番頭の森本です。

 

現在ファブラボ北加賀屋では、世界中のFab Labを繋いで開催されるオンライン講座「Fab Academy」に、私を含む2名が受講しています。

 

(出来る限り)状況を随時レポートしていきたいと思っていますが、まずはFab Academyの概要についてご紹介したいと思います!

 

■概要

Fab Academyは元々MIT(マサチューセッツ工科大学)で行われていた授業の一つで、”How to make (almost) anything.” というコンセプトの元、ほぼ何でも作れるようになることを目指す半年間のコースとして設計されています。

Fab Academy 2017 HP

 

講師はFab Labの創始者でもあるMITのNeil Gershenfeld教授で 、デジタルファブリケーション、電子工作、プログラミングを中心とした技術的な内容のほか、プロジェクトの協働、アウトプットの共有など製作の前後に当たる部分についても学びます。

 

現在はnodeとして登録された世界中のFab Labで受講できるようになっており、日本ではFab Lab Kamakura(Super node)、Fab Lab Hamamatsu、Fab Lab Kitakagaya、Fab Lab Kyushu Univ.で受講できます(2017年時点。随時変更アリ)。

Fab Academy 2017 Nodes & Supernodes

 

ちなみに本年度の日本からの受講者は鎌倉1名、浜松1名、北加賀屋2名の計4名。

全体では35か国、70ヶ所のファブラボから約260人のStudentsが受講しています。

 

授業では細かいところまで教えてくれるわけではないので、自学自習の占める割合が多くなりますが、各ラボのマスターやグルが技術的なサポートをしてくれます。

(北加賀屋の場合、マスター→しらいしさん/2015年卒業、グル→つださん/2014年卒業)

 

当然ながら授業は全て英語です。ディスカッションも提出する課題も全て英語で行わなければいけません。「バイナルカッター」ってなんやねん、て思いながら、ビニールカッター(Vinyl cutter)の話をしていることに気づくのに10分ぐらいかかったりしますが、こればっかりは逃げられないので頑張るしかないです。

 

そして、気になる受講料は$5000。

高っ!って思いますが、ローカルラボを含めた運営サイドの諸々のコストを考えると安いような気もします。トランプ大統領の当選を境に一気に15円ほど円安になり、心が折れそうになりましたが、泣きながら何とか入金しました。

 

■全体スケジュール

週ごとの課題(Weekly Assignment)に取組みながら、6月のプレゼンテーションに向け各自Final Projectを製作していきます。ちゃんと授業に出席し、Weekly、Finalともに評価基準をクリアしていれば晴れて卒業となり、年に一度開催されるFab Lab国際会議(FAB〇〇)でNeilから卒業証書を授与してもらえます。

 

ちなみに今年のFAB 13の開催地はチリのサンティアゴ。これまた遠い・・・。

$5000払った後に、渡航費(30-50万?)なんて出せるわけないやん、と思いつつ、せっかくなので行きたいと思っており、現在思案中です。

 

■一週間のスケジュール

基本的には毎週以下のようなサイクルで回っています。(北加賀屋の場合)

 

水曜

23:00~Global Review(Neilに当てられた人が、課題を発表する)

24:45~Global Class(Neilによる講義&次週の課題の説明)

金曜

13:00~Local Session(ファブラボ北加賀屋で課題の確認&製作)

月曜

23:00~Resitation (optional)(毎週スピーカーを招いて、様々なテーマについて話をしてくれる)

火曜

13:00~Regional Review (optional)(アジア地域のラボをオンラインで繋ぎ、全員順番に宿題を発表する)

 

授業風景

(この画面とNeilのデスクトップが見れます。

この時はラボで受けてましたが、自宅で受講することも可能です)
blog_1

 

以上のような感じですが、イメージつかめましたでしょうか。

 

現在4週目の講義が終わったところですが、徐々にモノを作る量が増えてきました。

 

ラボで作業していることもありますので、来年受けてみようかなーと思っている方は、お声がけください。タイミングによっては、追い込まれて若干殺気立っているかもしれないので、その際はご容赦ください。

 

各回の内容についても、随時発信していければと思いますので、どうぞ宜しくお願いしますー。

レーザー加工機(GCC)の利用について

2017.01.28

ラボで利用されている、レーザー加工機(GCC)は長年の利用から、発振器の消耗が進んでいます。
一部、加工時に安定的に出力されないなどの不具合が出ています。


■加工可能厚さ
t3mmを超えると、一度ではカットできない部分があるようです。

■加工時間
長時間加工する場合、局所的に発振されない部分が出るなどの報告があります。

この問題を解決するために、現在、新しいレーザー加工機(trotec)のセッティングを順次進めております。
利用される会員皆様にはご迷惑を御掛けしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。