「やりたいこと」をシェアするプロジェクト始めます!

2017.10.12

こんにちは。ビニールカッターの指南をしているむらさきです。 ラボにみんなの「やりたいこと」「やってること」を貼るスペースを作りました!

22228378_1487136704700639_3178552432120879454_n

なんでやるの?

「こんなものを作りたいなー」「こんなこと学びたいな」と思っても、つまってストップしてしまうことはありませんか?仲間がいたらいいなと思ったことはないですか? せっかく似た興味をもった人、かつ色々なスキルと経験を持った人が集まるファブラボ北加賀屋という場があります。お互い助け合ってみんなのやりたいことの実現を加速させる場にしたい!そのための第一歩として、みんなの「やりたいこと」を見える化します。

 

書くといいことあるの?

  • 仲間が見つかるかも。お互いのスキルを持ち寄って完成度が上がったり、早くできたり。仲間がいるだけでモチベーションがあがって完成まで持っていきやすくなります。
  • 助けてもらいやすくなります。ラボには様々な知識やスキルを持った人が来ます。でも、何をやっているのかわからなれば手助けすることもできません。なにをやっているか掲示することで、アドバイスや手助けがもらいやすくなります。

 

どんなことを書けばいいの?

  • 作りたいものや作っているもの(例:スキルトイを作っているよ)
  • チームの紹介(例:電子工作チームやってます!)
  • まなびたいこと・興味があること(例:プログラムを学びたい!)
  • やりたいイベント(例:fab女子会がしたい!)

 

どういうふうに使えばいいのか?

  • - ラボに用紙があります。書いて貼ってください。遠慮しないで。
  •   – すでに始めているプロジェクトは青、これからやりたいなと思っているものは黄色
  •   – 2サイズあります。書きたいボリュームに合わせて選んでください
  • - ラボのiPadで写真を撮ってインスタグラムにあげてください
  • - 貼ったものが紹介されます
  •   – ファブラボ北加賀屋のfacebookグループで紹介します
  •   – fabnight(イベント)で紹介します。

 

idea_sheet_ver2

これは実験的なプロジェクトなので、運用の仕方などにしては随時変更していきます。 また、掲示したシートについてはある程度期間が経ったら剥がしますのでご了承ください。こうしてほしい!などの意見があったらどんどん教えてくださいね。

保存

刺繍ミシン利用停止のご連絡(10/27まで)

2017.10.10

ここ最近、刺繍ミシン使用時に動作が停止する事例が発生しており、
メーカーに調査を依頼しておりました。

 

その結果、コードリールもしくは基板に不具合がある可能性があるとのことで、

そのまま修理に出すことにしました。

 

つきましては修理完了までの2週間、刺繍ミシンの機材予約を停止させていただきます。

有料講習、及び課題製作のための利用も同様に停止となります。

 

10月27日(金)からは復活する予定ですので、

それまでお待ちいただければと思います。

 

ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます。

 

17192088_749909931850005_348549503175108715_o

情報発信/共有していきましょう計画 STEP 01

2017.09.28

入会手続きと同時にお渡しする会員カード。

なかなか出すタイミングがハッキリせず、使い道が曖昧になっていましたが、

この度キチンと掲示しておくためのボックスを作りました!

 

DSC_0225

 

きっかけは、先日のFab Night#15の「ファブラボ北加賀屋に足りない100のコト」討論会の中で出てきた

・活動しているのかわからない

・みんな何してるかわからない

という問題。

 

全体的な発信力のなさは、いつも言われることなのですが、

後者については、「製作内容の共有」という形でいろいろやってきてはいたものの、

なかなか取組みが定着せず、いつの間にかやらなくなる、というサイクルを繰り返してきました。

 

Fab Nightの時の議論も踏まえると、製作内容を共有しなくなる主な要因として

以下の項目が挙げられるかと思います。

①記録を残すのを忘れる

②どういう情報を共有すべきか悩む(共有に値しないと思ってやらない)

③めんどくさい

④せっかく情報を集めても使わない、使えない

 

④も大きな問題ではあるのですが、まずは”共有する””発信する”というアクションを定着させるため

①②の問題をクリアする事を目指しました。(③は△)

 

そして生まれたのがこの箱。

 

これを活用し、今後はラボ利用時のフローを以下のようにしたいと思います!

————————————————————————————————————-

①入室時に会員カードを番頭さんにお渡しください。

 機材を利用しない方もお願いします。

左列→各機材の利用者(該当機材の箇所に挿します)

右列→スペースのみ利用される方

 

②作業終了後、製作物の写真を撮影しファブラボ北加賀屋のインスタグラムにアップする。

・製作物を撮影したくない場合は製作風景でも構いません。また、モノがない場合はPCの画面でもOKです。

・機材を使用された方は、手書きメモで構いませんので、加工時のパラメーターや加工時間などの情報も入れてください。

・失敗した情報とか最高です。

・帰り際だけでなく、作業途中に撮ってもらっても構いませんし、もちろん1枚じゃなくてもOKです。

・どうしても写真を撮られたくない場合や、撮影する対象が全くない場合は、上の段に入っている製作メモにその日にやった事を記載し、その写真をアップしてください。

はじめは番頭が行いますが、慣れてきたら、ご自身でアップしていただいても構いません。

DSC_0227

iPad miniと製作メモは下の棚に入っています

 

製作メモはこんな感じ。

製作メモ。これにパラメーターとか書いてもらうのもいいかもですね。

 

③インスタへのアップ完了後、会員カードを返却いたします。

 

↓↓ファブラボ北加賀屋のインスタグラムです!ぜひフォローしてください!
https://www.instagram.com/fablabkitakagaya/?hl=ja

※インスタへのアップ方法は記事の最後に記載しています。

 ————————————————————————————————————-

 

「カードの受け渡し」と引き換えにすることによって、記録忘れを防ぐとともに、

共有するかしないか判断するハードルをなくしました。

カードを取り返すには、写真を撮るしかありません。

悩んで共有できなくなるくらいなら、何でもいいから1枚写真撮ってもらった方がはるかに良いと思います。

 

まずは記録を残すクセを付けることと、ファブラボ北加賀屋が生きていることを伝えることが目的なので、

現段階では情報のクオリティは問いません!

何でも発信すればいいってわけじゃないよってのもわかりますが、それを検討するのは後にします。

 

Fab Nightでアクションプランを議論した時の決まりとして、「3か月でできる事を考える」ということだったので、

とりあえずこれでやってみましょう。

そして年末ぐらいに振り返り、写真を忘れずアップすることができていれば、

次のステップとして、情報の精査や写真のクオリティアップなどを考えましょう!

 

そして最後にお願い!

番頭さんから「写真撮らせてください」とお願いがあると思いますが、

お願いするのも意外と気を遣うので、ユーザーさん側からもノリノリで写真を撮っていってもらえると嬉しいです!

 

あまり「義務」と捉えず、楽しくやっていければと思いますので、

どうぞ宜しくお願いします!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<インスタへのアップ方法>

iPad miniを利用して、インスタグラムを起動します。
真ん中のアイコンを選択して、写真撮影のモードに入ります。
写真を撮影します。
撮影した、写真の後加工を行う(任意)
コメント欄にハッシュタグをつける

写真を投稿する

ハッシュタグリスト
絶対につけるタグ
#fablabkitakagaya
利用した機械ごとのタグ
#flk_laser
#flk_3d
#flk_cnc
#flk_cuttingmachine
#flk_embroidery
#flk_milling
#flk_maintenance

Experimental Farm プロジェクト!

2017.05.06

EXF_poster_01

 

ファブラボ北加賀屋から徒歩1分の場所にあるコミュニティ農園“みんなのうえん”。

nouen07

 

5月からその1区画を契約し、ここを実験用の畑⇒”エクスペリメンタルファーム”として活用していきたいと思います!

 

そしてこの度、このエクスペリメンタルファームを舞台に研究/開発を行うメンバーを募集します!

 

 農作業で使うための道具を作るもよし

 ものづくりのための材料を作るもよし

 バイオ的な実験を行うもよし

 作物のおいしさを追求するもよし

EXF_tutorial_02

 

畑で作物を育てる場合もあれば、その周辺の研究開発を行い、確認/実証の場として畑を使う場合もあると思います。さらには全く畑使わないんだが、という場合もあるかもしれませんが、何となく紐づいていれば大体OKです。

 

わずかでも新しい何か(Something New)があり、結果の共有さえしていただければ、好きな事をしてもらって構いません。(もちろん、みんなのうえんさん及び他の利用者に迷惑をかけるのはダメですよ◎)

 

■料金について

参加する方は、利用する施設に入会していただければと思います。

「みんなのうえん」と「ファブラボ北加賀屋」のうち、少なくともどちらかには入会してください。

利用に当たっては、それぞれの施設の規約に準じます。

(ファブラボの利用方法はこちら

EXF_tutorial_01

 

さらに、畑を利用する場合、その他面積を占有する場合は、1区画あたり1,000円/月の利用料が発生します。

 

作付けできる場所は、残り2区画! 日当たり抜群です!

(↓赤枠の場所が空いてます!)

nouen06

水やりについてはプロジェクトメンバー間で協力してやりましょう!

 

なお、畑を利用する場合は、みんなのうえんに入会していただきますが、水やりマシーンや観察システム、土壌の調査など、作物を育てない活動の場合は、入会しなくても構いません。ただその場合、園内に入れるのは、入会した人が同伴する時に限られます。

 

基本的なシステムとしては、以上のような形となりますが、テーマによっては、もっといろんな関わり方があるかもしれません。その辺りはできるだけフレキシブルに対応していければと思います。

 

ちなみに、みんなのうえんに入会すると、畑のほか、農具も一式借りることができます。

さらに併設するキッチンやスタジオも利用できるなど、素敵な特典がいっぱいあります。

nouen01

 

nouen02

 

nouen03

 

nouen04

 

nouen05

施設の詳細はみんなのうえんのHPをご覧ください。

http://minnanouen.jp/

 

 ■参加にあたり

利用を希望される方は、以下のデザインシートに従って、活動の内容をお聞かせください。

EXF_poster_03

 

評価や審査を行う予定はありませんが、やってる事や目的を共有された方が、ラボのメンバーをはじめ、いろんな方が協力してくれるのではないかと思います!

あえてファブラボでやる事のメリットが得やすくなると思うので、そのためのコミュニケーションシートだと思っていただければと思います。

 

申込締切はありませんが、みんなのうえんとの契約が一年ごとなので、とりあえず来年5月までを一区切りと考えています。

そこで更新すれば、継続して利用することはできますが、 今は種を蒔き始めるのに適した時期ですし、作物を植えるなら早めにスタートしてもらった方がいいかと思います!

 

お問合せ/申込みはファブラボ北加賀屋のコンタクトページからお願いします。

http://fablabkitakagaya.org/contact_page/

 

ちなみに、みんなのうえんさんは畑を貸してくれているだけなので、本件に関する問合せを、

みんなのうえんさんや運営母体のコトハナさんにしないようお願い致します。

 

(ただ、のうえんさんサイドも非常にウェルカムな感じですので、ゆくゆくは、みんなのうえんさんや他の利用者の方も巻き込んでいきたいなと思っています。)

 

 

ラピッドな開発も楽しいですが、ジックリ腰を据えて課題を探求する活動も、推進していきたいなと思っています。

 

普段蓄積したファブリケーションの知識や技術を生活の中で生かしたい方、

逆に課題を解決しようとする中で、それらを学んでいきたい方、

いずれも歓迎です。

 

本件については、5月27日のFab Night #14でも紹介しますので、気になる方は是非お越しください!

 

それでは、みなさんの自由な実験をお待ちしています!

課題製作チュートリアル

2017.04.27

ファブラボ北加賀屋では機材を利用するために、各機材ごとの課題を製作していただく必要があります。

 

製作していただくのは以下のようなネームカード。

これがそのまま機材利用の有資格者を示すカードになります!

 

レーザーカッター

 raser

 

3Dプリンター

3d

 

ビニールカッター

cutting

 

刺繍ミシン

ミシン

 

動画チュートリアルの通りに製作されてもいいですし、自分なりにアレンジしていただいても構いません。

最低限お名前やご自身を示す何かが入っていればOKなので、自由に作ってもらえればと思います!

 

各機材の動画チュートリアルはこちらにあります!

 

3Dプリンタ
http://fabble.cc/fablabkitakagaya/tutorial-replicator2x
レーザー加工機(トロテック)
http://fabble.cc/fablabkitakagaya/tutorial-trotecspeedy100
ビニールカッター
http://fabble.cc/fablabkitakagaya/tutorial-craftrobopro
CNCミーリングマシン(SRM-20)
http://fabble.cc/fablabkitakagaya/tutorial-srm20
刺繍ミシン
http://fabble.cc/fablabkitakagaya/tutorial-soleil100a

 

決して難しい内容ではありませんので、是非チャレンジしてみてください!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※課題製作の場合は、会員/非会員問わず機材をご利用いただけます。

※材料はご持参ください。(3Dプリンタ-のフィラメントを除く。)

※以下の日時を課題製作のための時間としてオープンしています。

 ①無料開放日(材料は有料となります)

  毎週土曜:10:00-12:00

  チュートリアルを見ながらご自身で製作できる方向け。

 ②有料講習(要予約)

  毎週日曜:10:00-12:00

  インストラクターによる指導を希望する方向け。

<重要なお知らせ>4月の運用について(3/31改訂)

2017.03.30

———————————————————————————-

 <3/31追記>

移行準備のため、1、2週目は休館となります。

以下の運用は4/17(金)から4/30(日)までとなります。

———————————————————————————-

 

【4月の運用について】
新システムへの移行期間として、4月の間は通常の機材予約を停止し、課題を製作する方向けに全てのオープン時間を無料で開放する予定です。

 

概要な以下の通りです。

 

・今後公開予定のチュートリアルを見ながら、利用を希望する機材の課題を製作してください。
・予約は不要です。直接ラボにお越しください。
・課題製作が終わった方は、機材が開いている時間は自由に使っていただいて構いません。
・通常の機材予約はできません。

・課題製作のサポートが必要な方は、指南が滞在する日曜10:00-12:00にお越しください。
・サポートできるマシンは当日の指南によって変わります。各日程の可能機材は以下のカレンダーをご確認ください。

スライド1

 

なお、5月以降も土曜午前のオープンラボタイムでの課題製作は無料です。

 

以上、よろしくお願いします!

メイカーズバザール大阪Vol.3 出展者募集のお知らせ!

2016.04.15

7月9、10日に南港ATCで開催される3年目のメイカーズバザール。

 

今回もファブラボ北加賀屋でまとまったエリアをいただいたので、

ファブラボエリアから出展される方を募集したいと思います。

 

<イベント概要>

日時:2016年7月9日(土)10日(日)10:00~17:00

場所:大阪南港ATC ITM棟2F

出展料:4,000円(税込)/2日

イベントHP:http://makersbazaar.jp/

 

<ファブラボエリア参加資格>

・これまでにファブラボ北加賀屋の会員だったことがある。これから入る方もOK!
・番頭の誰かと繋がっている。
・(上記いずれかを満たした上で)ファブラボ北加賀屋に来たりHPを見たりして大体どんなところか理解している。その上でこの団体のエリアから出展してもいいと思った方。
・ファブラボ北加賀屋を知っている。

その他基本的な項目は、イベントの出展要項に準じます。(参加費も一般と同じです)
http://makersbazaar.jp/#info

<メリット>
・回りに誰かはいるので、食事やトイレに行ったり他のブースを見たりする時も安心。
・出展形態の融通が利く。(※1)
・ワークショップも可。

<デメリット>
・会場の設営、撤収に召集される。(※2)
・今候補に挙がっているところ(吹き抜け通路エリア)は電力容量が少ない。もし電力をたくさん利用する場合は要相談。(はんだづけ程度は余裕)

(※1)
通常出展者に割り当てられるのは、長机1台となりますが、ファブラボエリアの中では、ある程度自由に使うことが可能です。
そのため、コースを作ってマシンを動かしたい、参加者が遊べるエリアを作りたい、通常の出展もしつつ、その場で作れるワークショップもしたい、ライブがしたい、踊りたい・・・などイレギュラーな形での出展も可能です。

(※2)
イベント終了後の撤収作業への参加は必須でお願いします。
会場設営は7月8日(金)の12時から行われる予定です。平日ですが、可能な方はこちらへの参加もお願いしたいです。もし10名ほど集めることができれば、素敵なことが起こります。詳しくは番頭までお問合せください。

 

<申込み方法>
公式HPの出展申込ページの各項目を以下のいずれかの方法でご連絡ください。(HPからの応募は不要です!)
・氏名

・団体名

・メールアドレス

・住所

・電話番号

・出展物ジャンル以下より選択

(電子工作/ガジェット/電子工作/ロボット関連/Oculus関連/オリジナル製品/3Dプリンター製品/レーザーカッター製品/インテリアフィギュア/その他)

・出展物説明(400字)

・画像2枚

 

・Facebookのダイレクトメッセージで番頭森本まで連絡
・E-mail:admin@fablabkitakagaya.org

(お問合せもこちらまで)

 

<申込締切>

4月29日(金)

5月下旬

 

以上、宜しくお願いします。

求む!番頭!

2016.01.05

※応募者多数のため募集を締め切りました。

 

「番頭」はファブラボ北加賀屋でユーザーとしてものづくりをしながら、鍵の管理や会員の対応、機材の講習会や機材管理などのラボ運営をボランティアで行う人たちです。
ファブラボ北加賀屋は共にラボを支える仲間、「番頭」を募集します。

 

興味関心をもたれた方はメールにてご応募下さい。
番頭の活動等、詳しく知りたい方はオープンラボ時に番頭までお声がけ下さい。

 

また1月9日(土)のファブラボ北加賀屋の新年会にて、番頭募集についての説明を行います。
実際どんな事をしているのか、現在どんなメンバーがいるのかなど知って頂ける機会になるかと思います。
興味のある方はぜひご参加下さい。

 

 

<応募資格>

・ファブラボ北加賀屋会員(必須)
※応募後に会員になられても構いません
・ファブラボ北加賀屋の運営に興味がある方

 

<活動内容>

・オープンラボでのラボの管理(毎週金、土、日のうち月2回程度)
・ラボ運営の参加(毎月最終週の日曜日)

 

<活動期間>

2016年4〜9月
※約6ヶ月間 / 半年ごとに更新可
※事前に3ヶ月程度、見習い期間有り

 

<活動時間>

金曜 13~21時
土・日曜 9~19時
※上記のうち月2回程度+ラボ運営(毎月最終週の日曜日)の参加

 

<スケジュール>

募集締切:1月31日(日)
見習い期間:1〜3月
番頭開始:4月〜
※応募者多数のため募集を締め切りました。

 

<定員>

若干名

 

<番頭の特典>

平日(月〜木)のラボ利用

 

<応募方法>

以下の必要事項を入力の上メールにてご応募下さい。

 

<連絡先>

contact☆fablabkitakagaya.org
(☆を@に置き換えて下さい。)

 

<必要事項>

・氏名
・E-mail
・住所
・電話番号

 

<担当>

吉岡・井上

 

皆さんのご応募お待ちしています!

2014年4月からの変更事項について

2014.03.31

2013年4月よりスタートしたファブラボ北加賀屋も、みなさまの多大なご尽力のおかげで、1周年を迎えることができました。
2014年4月からもよろしくお願いいたします。
そこで、2013年度前期、後期とも50名を超えるメンバーで機材の予約利用やその他イベント、ワークショップなど行ってきましたが、「スペースが手狭である」だとか「新しい機材が欲しい」など、設備を拡張したいという声が上がっています。
また、メンバーシップの課金も6ヶ月分先に納入するということで、短期的に使いたい方や、お仕事の都合で来れない期間が続く方達には、メンバーになりづらいという声をいただいておりました。
そこで、2014年4月からは、

¥2500/月 で3ヶ月区切りでの受付

にシステム変更を行います。

membership

 

また、今まで毎週金曜日19時〜のみだった


機材講習会を、毎週日曜日11時〜も追加で開催いたします。


内容は今までと同様に機材ごとに開催し、ハードウェアのセッティングとメンテナンスを中心とした内容になっています。
そして、


不定期ではありますが平日のオープンラボをスタートしたいと思います。


開始は今期2週目(2014年4月7日〜)より、毎週日曜日にその週の平日開館情報をファブラボ北加賀屋HP>SCHEDULEに追加、ファブラボ北加賀屋Facebookグループにも投稿します。平日のオープンは、通常開館時にラボの管理や出力やメンテナンスを補助してくれている、番頭役のメンバーが、平日に自分たちのプロジェクトを集中して行える時間を確保しつつ、ラボを開けているなら、他のメンバーの方にも開いている機材を使用してもらおうという仕組みでスタートします。
そのため、平日利用の場合は

1・機材を予約しての利用はできません。
  ラボに居合わせたメンバー同士譲り合いながら利用してください
2・開館時間も担当する番頭役のメンバーの都合により決まります
 (当日番頭役のメンバーが滞在できる時間帯のみになります)

 

現時点で、運営に関わってくれているメンバーで行えるサポートはこのあたりが限界です。これ以上の機能拡張を望まれるメンバーの方がいらっしゃれば、ぜひ運営に関わっていただき、より良い環境にシフトできたらと思います。

「Maker’s」との連携

2013.12.02

makers2

 

神戸にある会員制ものづくりデジタル工房「Maker’s」との連携が決定致しました。

 

ファブラボ北加賀屋の設立時からお世話になっている、コムネット株式会社さんの運営する「Maker’s」との連携が決定しています。

 

具体的には「Maker’s」を利用する際に支払う会員料金が、ファブラボ北加賀屋メンバーであれば個人会員費STANDARD(¥14,040)が学生会員費(¥10,260)になるというものです。

 

ファブラボ北加賀屋はものづくり初心者が多いこともあり、設備の中心を入門機種に限ってそろえていますが、「Maker’s」にはレーザーカッターを中心としたハイエンド機材も各種そろえてあります。

日常的に試作品を検討するのは北加賀屋で、集中的に商品や完成品を加工するのは「Maker’s」でなど、利用の方法は様々あると思います。

 

手続きとしては、ファブラボ北加賀屋に直接お越しいただき、「Maker’s」を利用したいという旨つたえて頂ければ、メンバーである証明書を発行し、受付にあたっての詳細などもお伝え致します。

 

Maker’s”HPリンク