【番頭リレーブログ#14】環境をつくる

2016.09.03

番頭リレーブログ14番目はFAB歴3年目に突入した望月梨絵が担当しますー。まず簡単に自己紹介しますと、私は2013年からFAB LAB北加賀屋を訪れインターンとして受け入れてもらっていますが最初は大阪に短期滞在予定から移住に変更し、出会った人やモノに絵を通して関わりながら暮らしてました。今回「つくる」という縛りを投げられたので、書いていきたいと思います。

 

FABLABで推奨されている機材で今まで作ったものといえば刺繍ミシンで作った立体物ぐらいなものかもしれません。私は「つくる」時に必要性とか義務感がないと、なかなか重い腰が上がらないんです‼︎(「DIY」精神のFABLAB思想の場でこんな事を言うのは少し場違いかもしれませんが。)でも私が何も得てなかったり作っていなかったとは感じていなく、ファブラボ北加賀屋を通じて物質としてのデジタルモノづくりは余り出来ていませんでしたが大阪で制作しながら暮らしていく環境作りにおいてとても重要な場所であり、FABLAB北加賀屋にいるから築けた出逢いはとても大きいものでした。

 

この絵はイギリス人がファブラボ北加賀屋に尋ねてきたという設定で割と初期に描いたものです。イギリス人という設定はおそらくイギリスをテーマにした仕事の制作でイギリスの写真ばかり見ていたせいです。

 

初めてラボに訪れた時もファブラボ北加賀屋の共同開設者の現代美術家の白石晃一さんや研究者の津田和俊さんと会ったのですが多様なジャンルの方がいる事で単純に分類することも出来ず実態を掴むのに時間がかかりましたが、理系じゃない電子工作出来ない「私」でも居ても良いという寛容な余白を持っていて、多様な人間が集まる空間に可能性を感じる事が出来ました。「考現学」[1]という考え方で絵を描き始めたのもラボに来てからでした。勿論、Arduinoとかラズベリーパイを使って遠隔操作できる何かを作りたい気もします。でもやっぱりファブラボ北加賀屋の一番の魅力は、モノを作れる環境で情報が集まってきて色んな層の人たちが出入りする所だと思っています!

津田和俊さんと共同研究しているファブラボ考現学の下絵

 

1.考現学とは今、まさに、現在起っている事を分析、解説する学問で、その観点から全国にあるFABLABや関係する施設の絵を描いています。

描いた絵はこちらで公開しています!たまに更新しているので覗いてみてください!⇨Fab Lab考現学〔http://fabmodern.tumblr.com

中国の秋葉原に行ってきました!

2016.08.22

img_20160821_0001 img_20160821_0002 img_20160821_0003 img_20160821_0004 img_20160822_0001

中国、深圳にて行われたFABLABの世界会議に、地球の歩き方を買い、ノートとボールペンを持って挑んできました!

深圳の紹介文から抜粋すると「推定1200万人の大都市であり、外資系企業が数多く参入し、衣類、電気・電子部品の工場地帯が広がる」場所の様で、日本で言うところの秋葉原だと聞いていました。と言っても私は日本の秋葉原に行った事もないので中国の秋葉原に行っても比べようもなく、とても新鮮な気持ちで探索することになりました。カンファレンスに参加しながら深圳の電気・電子部品の市場を散策し、深圳が「iPhone」にどれだけ重心を置いているか分かった気がします。(iPhoneキットは見つけられませんでしたが、買い揃えていけばiPhoneが作れる部品が沢山売っていたり、iPhoneを修理する場所がありました。)深圳が特別なのか中国がそうなのかは分かりませんが、3DプリンターやCNCミリングが日常に溢れていて、趣味で使うと言うより深圳の感じは産業感溢れていてビジネスとして利用している感じがしました!

また歩道に電気バイクや電気リアカーが歩行者と共に行き交っていて印象的でした。日本だと歩道に電気バイクが走っていたら捕まりそうですが中国では禁止されていない様です。(後日、日本語ペラペラな中国の方に聞いた所、中国政府は新しいモノが入ってきた時すぐに「ダメ」とは言わないみたいですね。)電気バイクにもペダルが付いていたので人力でも自転車の様にこげる様になっていたり、大阪で見られる「さすべえ」もどきが自転車にくっ付いていて、雨に後部が濡れない様に形が変形している傘が活用されていました。多様な種類の乗り物が行き交い、ドローンも人混みの中操縦されていたり、古いと新しいが混ざり合っている空間でした。

(深圳の数日かは雨が降っていて道に水溜まりが出来やすく公共施設の入り口の前や階段は滑りやすかった為に履いていった靴は不向きでした。厚底のスニーカでグリットがついていて滑りにくくなっている靴が急激に欲しくなりました。)

大阪で行われたFABLAB日本会議「FAB CAMP」以来の方々に沢山お会い出来ました!YCAMの伊藤さん津田さんにも。また、カンファレンスの内容についても後日アップしたいと思います。

YCAMバイオリサーチに行ってきました!

2016.07.13

7月9日、山口情報センターでYCAMバイオリサーチのオープンデイ「発酵とDIY」が開催されるということで行ってきました!!

img_20160713_0001

大阪から夜行バスだと13時間程でYCAMの最寄り湯田温泉に着きます。湯田温泉のバス停から歩いて10分ぐらいの場所にYCAMがありますが10時開館なのでYCAMの近くの清水湯という温泉で開館時刻まで温泉に浸かって身を整え、YCAMへ。
その日は土曜日で同時開催されていた「コロガルガーデン」もあってか館内は子供連れの家族で溢れていました。
バイオリサーチ展示会場では沢山の子供が「バイオ」という一見分かり難い言葉を越えてミニワークショップに参加したり、リサーチャーの話を聞いている様子が印象的でした。
 img_20160713_0003
展示内容や機材もリトマス紙が紫キャベツやウコンで作る事が出来たり、クリーンベンチもホームセンターで買い揃える事のできるベニヤ板やビニールを使って作られたものが展示され実際、使われていました。簡易クリーンベンチは持ち運びも出来、使わないときは収納も出来そうな様式でした!



img_20160713_0002

   展示でも紹介されていた「発酵の技法」という本は発酵を知るに当たってとてもお薦めです。




ザワークラウトやキムチなども実際、展示されていて、普段疑問に思いつつも流していた「保存期間」だったり「温度」などの謎もここで理解することができました。瓶に詰められた食品の展示物を見ながら「バイオ」を身近に感じる事の出来る要素として、やはり「料理」という事は一つの重要な要素だと思いました。

「KITAKAGAYA FLEA」開催。

2016.05.21

コーポ2

 

FabLab北加賀屋があるコーポ北加賀屋の隣はアトリエ・カフエという事務所兼アトリエがあります。前回もアップした記事にあるように二階にはdot architects(建築事務所)があります。断面的に見たらこんな感じという絵を描きました。

dot architectsは今、ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展の為にヴェネチアに行かれましたが、昨日から名村造船所で開催されているイベント「KITAKAGAYA FLEA」の出店屋台の設計をdot architectsがされました!またヴェネチアに行ったdot architectsの代わりにアトリエ・カフエが組み立てやヤスリがけなどの作業を行っていました。連係プレイで見事、無事納品され昨日からイベントが開催されています。今回のイベントの主催者であるローカル・カルチャーマガジン「IN/SECTS」を発行しているLLCインセクツの編集者の方もコーポ北加賀屋に住んでいるなど不思議な繋がりがあります。コーポ北加賀屋は横の繋がりで広がる関西の縮図のような場所だなと思いました。

 

 

IN/SECTS MAGAZINE PRESENTS「KITAKAGAYA FLEA」

http://www.insec2.com/news/2428.html

コーポ北加賀屋とは。

2016.04.30

dot2016

FabLab北加賀屋が所在している建物にはFabLabを含めて、7つの事務所やNPOやアトリエ、木工所等が存在しています。なので初めて来られる方々は、どこからどこまでがFabLabなのか分からなかったり、どのような形態で開かれているのか疑問に思う方が多いと思います。でも、そこがとても魅力的だと感じています。dot architects(建築事務所)とは特によく展覧会でプロジェクトを共有することが多く面白いです。

バイオラボ@小豆島

2016.03.31

「How To Make(Almost)Anything」という志で「ものづくり」のこれからを試行錯誤している FabLabですが、それに加えて2015年から「How To Grow(Almost)Anything」という志で「バイオ」に関する試みも始まっています。私の知っているところではFabLab浜松の竹村さんやFabLab北加賀屋の津田さんが受講していましたが、身近に受講している人がいるにも関わらず「バイオ」という普段考えない単語の持つ意味を把握出来ずに半年が経ちました。

 

2016年3月16日、神戸港から出る深夜便のフェリーに乗り込み、大阪にあるデザイン事務所のUMA/design farmと編集事務所のMUESUM、山口にある山口情報芸術センターのYCAMバイオラボの滞在制作地である小豆島に向かった時もどんな事を行うか把握していませんでした。私は他の方より5日遅れて小豆島に入り、津田さんたちと共に今回ご協力頂いていた発酵食品研究所で作業を開始しました。(とは言っても私は作業するのを写真におさめたり研究所の様子を写真で見たり絵に描いたりしてただけでしたが。)

 

939301_947808368638685_915741979_o

上の絵は小豆島に行く前に「研究所にある機材や道具の中には台所にあるもので代用できるものもある」という話を聞いて最初に描いた絵です。 研究所に実際に訪れて、電子レンジ、サランラップ、アルミホイル、コーヒーの瓶やガスコンロなど見慣れたものがあり研究所という掛け離れたイメージからもっと生活の延長線上にあるものという認識に変わりました。

12919423_1007058339372293_1189244672_o

 

研究所を後にし実際に「培地を作る」「採取する」「採取したものを育てる」「観察する」という段階に分けて行程の順序に沿って機材や道具の配置を行った絵です。小豆島では、寒天の材料となるテングサやジャガイモ(馬鈴薯など)が手に入るため、実験につかう寒天培地を身近な材料でつくることもできます。

 

これまで私は、期間限定ファブラボ小豆島(2014年11月)、 DESIGNEAST 05 Camp in Shodoshima(2014年12月)とファブラボ関連で小豆島を訪れていましたが、今回「バイオ」という視点、特にキッチン・バイオというコンセプトで島の暮らしをあらためて眺めることができました。

 

《Creator in Residence「ei」》UMA/design farm+ MUESUM+YCAMバイオラボ【春会期】

会期 3月27日ー4月17日 場所 小豆島坂手

美井戸神社から少し上の倉庫で展示を展開しています。是非、足を運んでみてください。

東京ミッドタウン・デザインハブ

2016.03.03


デザインハブ

「地域×デザイン展」の関連トークセッションを聞きに行ってきました!「地域とつくる」をテーマに、FabLab Japan Networkの田中浩也さん(慶應義塾大学環境情報学部 准教授)と山口情報芸術センター[YCAM]の井高久美子さん(アソシエイトキュレーター)、そして北加賀屋から津田和俊さんの3人が登壇されました。

私自身、今後生きていく上で暮らしていくことを考えるにあたり住む場所については色々考えることがあります。なので土地を選び、どう自分のしている事と環境を結びつけていくか、今回のトークは個人的に色々考えるヒントをもらえました。都市に住みながら活動をされている田中さんや地方の情報芸術センターで働く井高さん、定住型の枠組みから外れた津田さんの話はそれぞれの観点から既存の生活スタイルから一歩先にいった新しい価値基準を提示してくれた気がします。

もしかしたら、もっと新しい働き方やより良い生き方があるかもしれないという未来のワクワクさが詰まったトークでした。

img_20160302_0001

また、トーク以外にもデザインハブにて展示もしています。

FabLab Japan Networkのブースには地域と結びつきのあるプロダクトを抜粋して、ファブラボ仙台、ファブラボ鎌倉、ファブラボ浜松、ファブラボ北加賀屋の4つのラボのプロダクトが展示されていました。北加賀屋からは現代美術家の國府理さん×ファブラボ北加賀屋でラボの近くの農園で「畝を動ける椅子」をテーマに制作されたシャベルなどの農具も収納できるプロダクト(みんなカーゴ)が展示されています。農園を借りる主婦たちが「こんなのがあったら便利だね」を形にしたものです。

他にもたくさんの地域と関わったプロジェクトが展示されています。3月6日まで開催されているので、是非遊びに行ってみてください◎

地域×デザイン -まちを編みなおす20のプロジェクト-の詳細はこちらです。→

http://www.jidp.or.jp/lds2016/event/

Cooking For Geeks

2016.01.10

1

「Cooking For Geeks」という本をご存知でしょうか?私は2015年の12月まで知りませんでした。直訳すると「オタクのためのクッキング」となります。その著書であるジェフ・ポッターさんによるワークショップが12月26日と27日に山口情報芸術センター[YCAM]で開催されました。私はそのワークショップに参加すべく昨年末、山口県へ行ってきました。

 

料理というのは3つの構造で出来ているとジェフさんは言っていましたが、その1つが「エクスペリエンス(経験)」でした。「エクスペリエンス」には文化だったり心理学などの様々な要素が含まれているのですが、頭で何となく予想出来る事に対して人は無関心だったりします。ところが体感してみると意外に色々発見があるものです。ちなみに他の2つは「フード(食材)」と「プロセス(調理)」で、「フード」には地理的要因や生物学だったり「プロセス」には物理化学の要因が含まれているので、複合的な観点から料理を見直してみる事が出来ると言っていました。ワークショップには料理を仕事としてしている人もいましたが、それぞれ異なったフィールドで仕事をしている人が寄り集まり、多角的な目線で語られたのが面白かったです。

 

その後、ファブラボ山口へ!

 

YAMAGUCHI

ヘボコン!@味園

2015.12.17

夢の劇_20151217_0002

12月13日に味園で行われた「paperCの宴会とヘボコン」に行ってきました。「ヘボコン」とは技術力のある人がロボットを作る「ロボコン」とは違って技術力のない人がロボットを作って戦わせる競技のようで、コンセプト的には何の電子工作も機械技術もなく下調べもろくにしていない私にはピッタリな競技でした。

出来上がったロボットは兎に角ファブァボ北加賀屋にあった光るものを乗せたり、横浜にあるファブラボのワークショップで作った「ファブロボットカンナちゃん」というロボを乗っけたり、羽ばたき飛行機をくっつけたりしてファブラボ北加賀屋のメンバーの宝船みたいになっていました。

取り敢えず、半田付け初心者の私がロボット制作の為にひたすら半田ごてしてたのでトーナメント戦第一回に半田ごてが外れて左足のキャタピラが動かないというトラブルに遭いました。。ギリギリ勝てましたが危ないですね。。でも対戦相手も振動で揺らしているというロボットだったのでいい試合だったと思います!

そんなこんなで準優勝する事もでき、味園賞も頂いたのでヘボラボ北加賀屋としてとてもいい結果を迎える事が出来たと思います。

夢の劇_20151217_0001

そしてなぜか最後にファブラボ北加賀屋の津田さんが尾崎豊の「15の夜」を歌っていました。

10月9日 FAB CAMP 前日!!

2015.10.20

IMG

IMG_0001

FAB CAMPに向けての準備が9月から行われていましたが、前日のキッチン掃除に関しては衛生の問題などもあり入念に行われお料理に関しては日付が変わるまで行われました!タマネギ60個ぐらいをひたすら、みじん切りにするという修行の様な作業は貴重な体験でした。そしてお手伝いして頂いた皆様ありがとうございました!感謝しております!

 

実は、カレーにばかり気を取られ、FAB CAMPが一体どういうものなのか理解を深めないまま当日を迎えました。初日は開催にあたりFabLab Japan Networkの話を聞きました。次に午後から行われるいくつかのワークショップの詳細を主催者がプレゼンし、参加者を集めるものでした。機械を使えなくても参加出来そうなワークショップや知識がある人達が集まって一つのものを作る玄人向けのワークショップまで幅広くあり、私は全く何も機材は扱えないけれど本当に2日間で作れるのか疑心暗鬼で、作れるなら実際に観てみたいと思った絵を描く機械のワークショップに参加しました。たなごころさんの「FAB LABを作るゲーム」も参加したかったのですが、折角なのでホームである北加賀屋以外の所のワークショプの様子を観てみたいと北加賀屋以外にしてみました。

 

以降につづく